レンタカーを借りるときのチェック方法

レンタカーは自家用車と違い、業者から借りている車ですので、その車がどのような車なのかよくわからないはずです。例えば、実際に走り出すとアクセルを踏んでもあまり加速しない車や、燃費が非常に悪い車などもあります。途中でタイヤが外れたりすることはないかもしれませんが、それでも事前にチェックをしておくことが重要です。また金額の面も非常に気になるところではないでしょうか。金額についてはプランによっても異なりますし、また自動車をレンタルしてくれる業者によっても微妙に異なります。このように、初めて乗る車である以上をチェックする項目はたくさんあります。チェックを怠ってトラブルが起きてしまっては、気持ちよく自動車を運転することもできないでしょう。そこで、具体的にどのようにチェックをすればよいかを知っておきましょう。

料金プランはしっとりと把握をしておくべき

レンタカーを借りる場合、業者によって料金プランが異なります。例えば、短距離利用に便利な会社と長距離や長期間レンタルした時に料金が安くなる会社やサービスが良くなる会社もあります。それぞれの会社によって力を入れている部分が異なりますので、自分が短期間で利用するならば、短期利用に力を入れている会社を選びましょう。オプションサービスも意外と重要になります。通常、カーナビゲーションや小さな子供がいる場合のチャイルドシートは基本料金に含まれていますので、追加でお金を払う必要はありません。ですが、格安の業者はカーナビゲーションやチャイルドシートをオプションにして別料金にしていることがありますので基本料金がどこまで及ぶのか、逆にどこからがオプションになるかをチェックすることが重要です。

ロードサービスが付いていることも重要

初めて運転する車であれば、使い慣れていないためトラブルやアクシデントに見舞われることがあります。十分に注意をしていたとしても、電柱にぶつけたり、ほかの車にぶつかることも珍しくありません。このような場合、ロードサービスや保険がしっかりしているレンタカー会社であれば、トラブルが起きた時の対処もスムーズに行きます。ですが、トラブルが起きた時の対応がしっかりしていない業者であれば、別料金で高いお金が発生してしまうこともあります。いくら自分が今までぶつけたことがなかった場合であっても、知らない車に乗るわけですから、何が起こるかわかりません。常にいざという時のことを考えて、借りる前に保証はどのようになっているか、ロードサービスはどのようになっているかを確認しておきましょう。