ますますマイカーからレンタカーへ変わっていく時代

自動車の販売が低迷している時代が続いていますが、その原因の多くは自動車の購入費と維持費にあります。自動車を購入する場合、軽自動車であっても諸費用込みで150万円以上することが多くなっています。普通自動車に至っては200万円以下で買えることがほとんどなくなってきました。このような金額は、低所得が増えている若者は安易に出すことができません。もし車を購入したとしても今度は維持費がかかってしまいます。維持費については、どれぐらいの距離を乗るかによっても異なりますが、1か月のガソリン代を1万円としても、ガソリン代だけで12万円かかります。それ以外にも自動車税や2年に1度の車検や保険代がかかるため、修理をしなくても車を維持するだけで20万円以上かかるのが当たり前になっています。それならば、レンタカーを利用した方がお得な場合もあるでしょう。

費用はどれぐらいになっているか

自動車の維持費が高いとなれば、車に乗らないかレンタカーを必要に応じて借りるしかありません。そこで、自動車をレンタルする場合はどれぐらいの費用がかかるかを知っておくことでどちらがお得かが分かりやすいです。自動車のレンタルは、自動車のグレードによっても異なりますが、普通自動車のコンパクトカーであれば、半日の利用で4千円前後になります。例えば会社員をしていて週に一回しかプライベートで車を利用しない場合であれば、1か月1万2千円程度の出費で済むことになります。もちろんガソリンを入れるタイプの場合は、もう少しかかりますが、それでも長距離の移動しない限りは、毎月1万5千円以内で抑えることができるはずです。自動車を所有している場合の維持費とそれほど変わらないことに気づくはずです。そうであるならば、わざわざ自動車を購入する必要はありません。

週2回以上利用する場合はどちらが得か

もし、週2回以上利用する場合は、どちらがお得になるかが問題になりますが、レンタカーを借りる場合は週2回利用するとおよそ毎月3万円ほどの金額がかかると考えます。1年間毎週2回ずつ借り続けるとおよそ36万円のお金がかかることになるでしょう。自動車の維持費は1年間におよそ20万円、保険を含めると25万円から30万円になりますので、自動車を所有していた方が安いですが、自動車の購入資金を考えると車をレンタルした方が安くなることがわかります。週4回から5回利用する場合は、車を借りるよりも、自家用車を所有した方がよいです。このように、毎月の自動車の利用回数が8回から9回程度であれば、わざわざ自動車を購入するよりも、毎回レンタルをした方が安くなることがわかるでしょう。